樹木葬の特徴は?申し込み方法や埋葬までの流れも紹介します

自分や家族のお墓をどのタイプにしようか探しているとき、樹木葬という名称を聞いたことはありませんか。

樹木葬は近年注目されている埋葬方法であり、亡くなったあとは自然に還りたいと考えている方に選ばれています。

 

しかし、樹木葬を申し込みしたい場合、どのような手続きが必要なのか分からない方も多いのではないでしょうか。

 

この記事では樹木葬の特徴や申し込み方法などについて紹介します。

 

・樹木葬の特徴を知りたい

・樹木葬の申し込み方法を知りたい

・亡くなった場合、どのような流れで埋葬されるのか知っておきたい

 

などの疑問や悩みを解決する情報をまとめましたので、参考にしてください。

 

樹木葬の特徴

 

樹木葬は以下の特徴があります。

 

・永代供養のため継承者をたてる必要がない

・墓石を建てずに木や草花などを墓標にする

・宗教や宗派が不問の場合が多い

・ほかのお墓と比べると安価

 

それぞれ見ていきましょう。

 

永代供養のため継承者をたてる必要がない

 

樹木葬の多くは継承者が必要ない永代供養のお墓です。

 

近年では少子高齢化や未婚率の上昇などで、無縁仏になるケースが増えています。

お墓の継承者が見つからず、墓じまいをしようか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

永代供養はお墓の管理を霊園や寺院などにお任せする仕組みです。

そのため、お墓の継承者がいなくても半永久的に供養をしてもらえます。

 

永代供養墓はほかにも合祀や納骨堂、永代供養付きの一般墓などがあります。

 

永代供養墓については、こちらの記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

永代供養のお墓は6種類。それぞれのメリット・デメリットは?

 

墓石を建てずに木や草花などを墓標にする

 

樹木葬は一般的なお墓のように、墓石を建てません。

その代わり、遺骨が埋葬されている場所にはシンボルツリーや草花などが植えられます。

 

シンボルツリーとして人気があるのは桜やヤマツツジ、オリーブの木などです。

花が咲いていれば、お墓参りにきた方々の気持ちもうれしくなりますね。

 

宗教や宗派が不問の場合が多い

 

樹木葬は宗教や宗派、宗旨の制限がない場合が多いです。

特に寺院墓地は宗教や宗派の制限がある場合が多いので、制約の少ないお墓を探している方にはうれしいポイントといえます。

 

ほかのお墓と比べると安価

 

一般墓は100万円をこえる費用がかかることも珍しくありませんが、樹木葬の費用は合祀型を選択すれば5万円からと安いです。

 

墓石を購入せず、敷地はコンパクトなため、費用がおさえられます。

ただし、埋葬する人数や遺骨のおさめ方などで費用は変わるため、詳しい金額は霊園や寺院墓地にお問い合わせください。

 

樹木葬の費用については、こちらの記事で詳しく解説しています。

樹木葬とは?埋葬方法や費用を紹介します

 

樹木葬の申し込み方法

 

樹木葬の申し込み方法を解説します。

 

具体的な流れは

 

①どこの霊園にするか情報収集する

②現地見学をする

③契約と入金を行う

④使用許可証を受け取る

 

です。

 

樹木葬は生前契約が可能なので、終活を意識したタイミングで検討してはいかがでしょうか。

 

基本的には一般的なお墓の申し込み方法と同じです。

墓石の購入が不要のため、墓石契約部分が省略されます。

 

①どこの霊園にするか情報収集する

 

樹木葬が気になったら、まずは情報を集めましょう。

 

どこで樹木葬が行われているのか、交通アクセスは便利か、費用はどのくらいか、などをチェックするとよいでしょう。

 

近年ではインターネットでの検索が主流です。

たとえば「福岡 樹木葬 費用」、「福岡 樹木葬 交通アクセス」などのように検索キーワードを入力すると、条件にあった霊園が表示されます。

 

お問い合わせフォームを設けている霊園も多いため、気になった場合は問い合わせてみましょう。

もし高齢の親や親族のために樹木葬の説明をしたい場合は、パンフレットを取り寄せて内容を確認してもらうと、理解してもらいやすいです。

 

②現地見学をする

 

いくつかの候補の中から気になった霊園が見つかったら、現地を見学しに行きましょう。

あらかじめ見学予約を入れておくとスムーズです。

 

ホームページやパンフレットだけでは分からないことがたくさんあります。

必ず自分の目で見てください。

 

雰囲気はどうか、家からアクセスしやすい場所にあるか、どのようなプランがあるのか、などを確認しておきましょう。

分からないことや聞きたいことがあれば、スタッフに質問してください。

 

③契約と入金を行う

 

現地を見学し、樹木葬の内容に納得がいけば契約と入金を行います。

 

その場での申し込みができる霊園もありますが、できれば一度帰宅してからじっくりと考えて決めた方がよいでしょう。

 

④使用許可証を受け取る

 

霊園側で入金が確認がとれたあとに、使用許可証が発行されます。

使用許可証は大切なものなので、失くさないように保管してください。

 

埋葬までの流れ

 

埋葬までの流れも、申し込み方法と同じように一般的なお墓の流れと変わりません。

 

家族や親族が亡くなったあと、埋葬までの流れは

 

①死亡届を提出する

②通夜と葬儀を行う

③火葬する

④遺骨を埋葬する日取りを決める

⑤埋葬する

 

です。

 

①死亡届を提出する

 

家族や親族の死亡を確認したあとは、死亡届を7日以内に提出します。

提出先は故人の住所地や所在地の市役所や区役所、役場などです。

 

死亡届を提出すると、火葬許可証が発行されます。

火葬許可証がないと、遺体の火葬ができません。

 

②通夜と葬儀を行う

 

故人が亡くなった日に仮通夜、翌日に通夜を行います。

 

通夜の翌日に葬儀を行うのが一般的な流れです。

 

③火葬する

 

火葬が終わると火葬場から書類が渡されます。

その書類が埋葬許可証です。

 

埋葬許可証は遺骨の埋葬に使う書類なので、保管しておいてください。

 

④遺骨を埋葬する日取りを決める

 

樹木葬を行う霊園や寺院墓地と、遺骨を埋葬する日取りを決めます。

 

⑤埋葬する

 

埋葬日は遺骨を施設に持参します。

 

遺骨の埋葬には埋葬許可証が必要なので、忘れずに持っていきましょう。

霊園や寺院墓地によっては、遺骨を埋葬するにあたって、事前に粉骨しておく場合もあります。

 

埋葬日は遺骨をどのような状態にしておけばよいのか、必ず確認しておいてください。

 

まとめ

 

樹木葬は永代供養のため継承者をたてる必要がなく、ほかのお墓と比べて費用を安くおさえられる埋葬方法です。

また、樹木葬は永代供養の場合が多いため、半永久的に遺骨の管理や供養をしてもらえます。

 

樹木葬の申し込み方法や埋葬までの流れは、一般的なお墓と同じです。

墓石を建てないので、手続きはいくぶんか省略されています。

 

社会が変化していく中で、お墓の形も変化しています。

これからは樹木葬を選ぶ方も増えていくかもしれません。

 

お墓を選ぶ選択肢のひとつとして、樹木葬を検討してはいかがでしょうか。

 

福岡で樹木葬を考えているのなら油山平成御廟

 

油山平成御廟では新しい樹木葬ができました。

その名も『こだまの杜』です。

 

『こだまの杜』は油山平成御廟の敷地内にあり、約1,000㎡の規模を誇ります。

山の一番上に区画されており、たくさんの自然が感じられる場所です。

 

樹木葬のプランは3つ用意しております。

 

・霞 かすみ:おひとりさまからご利用いただけるプランです。

 

・結 ゆい:完全個室タイプです。

個別の銘板を作成します。

 

・悠 はるか:ご家族ごとに墓石の種類や形を選べるプランです。

また、こちらのタイプのみペットも一緒に埋葬できます。

ペットを家族のように大切に思っている方におすすめです。

 

ほかにも多数の区画をご用意しております。

詳しくはスタッフまでお気軽にお問い合わせください。

 

こちらから『こだまの杜』のホームページにアクセスできます。

https://kodama-mori.com/