改葬費用はいくらかかる?費用相場と改葬のメリット、デメリットを解説

今のお墓から別のお墓に引越すことを『改葬』といいます。
高齢になりお墓参りしにくくなったときや、引越しによりお墓が遠くなってしまったときなどに、改葬をおこなう方が多いです。

しかし改葬費用が分からず、お墓の引越しができない方も多いのではないでしょうか。
また、改葬のメリットとデメリットが分からなければ、検討ができないでしょう。

この記事では、改葬費用やメリット・デメリットについて解説します。

・改葬費用はいくらくらいかかるのかを知りたい
・改葬のメリットとデメリットを知りたい

上記の疑問や悩みを解決する情報をまとめましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

目次

改葬費用の相場

改葬費用の相場は、100万円から250万円程度といわれています。
改葬にかかる費用は大きく分けて2種類あります。

・今のお墓を墓じまいする費用
・引っ越し先のお墓にかかる費用

それぞれ見ていきましょう。

今のお墓を墓じまいする費用

改葬するには墓じまいをしなくてはなりません。
『墓じまい』とは、現在建っているお墓を解体し、土地を更地にして使用権を管理者に返還することです。

墓じまいにかかる費用は、下記の2種類があります。

・墓石の撤去にかかる費用
・行政手続きにかかる費用

それぞれの費用をまとめたものが、下記の表です。

費用の種類 費用の目安 備考
墓石撤去費用 1㎡あたり100,000円 墓石がある場所によっては、追加費用がかかるケースがある
閉眼供養のお布施 30,000円~100,000円 金額は目安
離檀料 30,000円~200,000円 金額は目安
改葬許可証の発行手数料 300円~1,000円 無料の地域や自治体もある

引越し先のお墓にかかる費用

現在あるお墓から遺骨を取り出したあとは、新しいお墓におさめます。
お墓の種類によって費用は異なります。

引越し先のお墓の種類や費用を、こちらの表にまとめました。

引越し先のお墓の種類 費用相場 年間管理費
合祀墓 50,000円~300,000円
樹木葬(合祀型) 50,000円~200,000円
樹木葬(集合型) 200,000円~1,000,000円 5,000円~20,000円
樹木葬(個別型) 200,000円~1,500,000円 5,000円~20,000円
納骨堂(位牌式) 100,000円~200,000円 3,000円~10,000円
納骨堂(ロッカー式) 150,000円~1,000,000円 5,000円~10,000円
納骨堂(仏壇式) 500,000円~2,000,000円 10,000円~20,000円
納骨堂(自動搬送式) 500,000円~1,500,000円 10,000円~20,000円
納骨堂(墓石式) 1,000,000円~2,100,000円 10,000円前後
永代供養付きの一般墓 700,000円~2,100,000円

また、新しくお墓を建てる場合は、ある程度まとまったお金が必要です。
新しくお墓を建てる場合の費用内訳はこちらです。

費用内訳 費用相場 備考
永代使用料 300,000円~1,000,000円 墓地の地価や立地条件によって異なる
墓地管理費 2,000円~20,000円 用する施設の種類や地域によって異なる
墓石費用 600,000円~2,000,000円 墓石の産地や希少性、地域の特性などによって異なる
そのほかの費用 ・30,000円~100,000円(開眼供養のお布施)
・5,000円~10,000円(御車代)
・100,000円~300,000円(入檀料)

お墓の購入にかかる費用については、こちらの記事で詳しく解説しています。

お墓には4つの費用がかかる!費用内訳や購入費用をおさえるコツを解説します

改葬する3つのメリット

改葬をするとさまざまなメリットがあります。
ここからは、下記の3つのメリットについて解説していきます。

・お墓参りがしやすくなる
・金銭的負担が軽減できる
・お墓の承継問題を解決できる

改葬するメリット1.お墓参りがしやすくなる

お墓の引越し先を自宅の近くにすることで、お墓参りに行きやすくなります。

自宅からお墓まで距離がある場合、若くて体力があれば問題なくできていたかもしれません。
しかし、年齢を重ねると大変です。
また、お墓が山奥にあるなどアクセスが不便な場合も、体力的に負担がかかります。

自分たちが通いやすい場所に改葬することで、お彼岸やお盆などはもちろん、定期的にお墓参りに行けるようになるでしょう。

お墓参りについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

お墓参りの基本とは?期間や持ち物、マナーなどを解説【お墓掃除や服装】

改葬するメリット2.金銭的負担が軽減できる

お墓を近くに移動することで、交通費をおさえられます。

自宅とお墓の距離が離れている場合、新幹線や飛行機などを利用する方も多いでしょう。
お墓参りのたびに交通費がかかってしまうと、金銭的な負担が増えてしまいます。

自宅の近くに改葬すると、車や徒歩などで通えるようになるため、お金がかからずにすみますよ。

改葬するメリット3.お墓の承継問題を解決できる

永代供養を選択することで、お墓の承継問題で悩む必要がなくなります。

現在の日本では少子高齢化が進んでおり、承継者について悩んでいる方も少なくありません。
永代供養を選択すれば、遺骨の管理や供養を霊園やお寺などにお任せできます。

次の世代にかかる負担も軽減できますし、ご先祖様も手厚く供養されるので安心できるでしょう。

永代供養についてはこちらの記事で詳しく解説しています。
永代供養とは?わかりやすく解説します【メリット・デメリット・費用・種類など】

改葬する3つのデメリット

改葬にはメリットばかりではありません。
改葬のデメリットを知っておけば、後悔する可能性が低くなるでしょう。

・親族の理解が得られない場合がある
・改葬費用がかかる
・高額な離檀料を請求されるおそれがある

改葬するデメリット1.親族の理解が得られない場合がある

先祖代々受け継いできたお墓を引越すことに、抵抗がある方もいます。
そのため、改葬に対して否定的にとらえてしまうのです。

お墓は自分だけの問題ではありません。
のちのち大きなトラブルに発展させないためにも、お墓に関わる方と納得できるまで話をしておくとよいでしょう。

関連記事はこちらです。

お墓の親族トラブルの内容と対処法を紹介します【墓じまい・永代供養・承継】

改葬するデメリット2.改葬費用がかかる

改葬するには、墓じまいと引越し先のお墓に関連する費用がかかります。

特に自分のお墓を新たに建てる場合、永代使用料や墓石費用などを合計すると、200万円近くかかることも珍しくありません。
現在かかっている維持管理費と、改葬時にかかる諸費用を比較したうえで、どちらが金銭的に負担が少ないのか計算してみるとよいでしょう。

改葬するデメリット3.高額な離檀料を請求されるおそれがある

寺院墓地にお墓がある場合、改葬によって檀家をやめなければなりません。

離檀する際には感謝の気持ちを込めて、離檀料を渡すのが一般的です。
離檀料の相場は3万円から20万円といわれています。
しかし、檀家をやめる際にトラブルになると、まれに高額な離檀料を請求されることもあります。

檀家をやめる際は、一方的に伝えるのではなく、まずは相談といった形で話しましょう。

関連記事はこちらです。
檀家とは何?わかりやすく解説します【メリットやデメリット・宗派別の違いなど

まとめ

改葬にかかる費用相場は、100万円から250万円程度です。
墓じまいするお墓の大きさや立地、納骨先の種類によって、金額は大きく異なります。

自宅から通いやすい場所に遺骨を移動することで、お墓参りがしやすくなります。
また永代供養を選択すれば、お墓の承継者を誰にするのかを悩まずにすむので、遺族にかかる負担を減らせるでしょう。

ただ、改葬時にはまとまった費用が必要です。
また、家族や親族の理解を得る必要があり、考慮する部分もあります。

費用やメリット、デメリットを比較したうえで、改葬をするのか判断してください。

福岡で改葬先を探しているのなら油山平成御廟

改葬を考えたとき、遺骨をどこにうつすのかを考える必要があります。
しかし、改葬先が見つからないと墓じまいの手続きが進められないですよね。

当霊園は博多からのアクセスがよく、天神から車で30分と好立地にあります。

弊社では、一般墓や樹木葬などのご案内が可能です。
改葬先について悩まれている方は、スタッフまでお気軽にお問い合わせください。