合祀墓の費用相場はいくら?おすすめしたい人の特徴やトラブル防止策を解説

合祀墓は永代供養を受けられるお墓のひとつです。

遺骨の管理を霊園やお寺などにお任せできるので、お墓の後継者選びをしなくてもよいメリットがあります。
しかし、合祀墓を魅力的に感じたとしても、費用が分からなければ検討できないでしょう。

そこで、この記事では合祀墓の費用相場について解説します。

・合祀墓の費用はいくらくらいかかるのかが気になる
・合祀墓はどのような人におすすめなのか知りたい
・合祀墓におけるトラブル防止策があれば知っておきたい

上記の内容についてまとめているので、ぜひ参考にしてくださいね。

目次

合祀墓の費用相場

合祀墓にかかる費用相場は5万円からです。
永代供養墓の中でも安い特徴があります。

ほかの永代供養墓の費用相場はこちらです。

永代供養墓の種類 費用相場 年間管理費
樹木葬(合祀型) 50,000円~200,000円
樹木葬(集合型) 200,000円~1,000,000円 5,000円~20,000円
樹木葬(個別型) 200,000円~1,500,000円 5,000円~20,000円
納骨堂(位牌式) 100,000円~200,000円 3,000円~10,000円
納骨堂(ロッカー式) 150,000円~1,000,000円 5,000円~10,000円
納骨堂(仏壇式) 500,000円~2,000,000円 10,000円~20,000円
納骨堂(自動搬送式) 500,000円~1,500,000円 10,000円~20,000円
納骨堂(墓石式) 1,000,000円~2,100,000円 10,000円前後
永代供養付きの一般墓 700,000円~2,100,000円

比較してみると、金額の安さがお分かりになるのではないでしょうか。

合祀墓で必要なのは、原則として永代供養料のみです。
墓誌に刻字したい場合は、3万円ほど上乗せされます。

合祀墓をおすすめしたい人の特徴3選

合祀墓をおすすめしたい人はこちらです。

・永代供養を利用したい人
・お墓にかけるお金がない人
・カロートのスペースに余裕がない人

どのような特徴があるのか、順番に見ていきましょう。

合祀墓をおすすめしたい人の特徴1.永代供養を利用した

合祀墓は永代供養なので、お墓の承継者を必要としません。
子どものいない夫婦や、お墓の承継者が見当たらない人などに選ばれています。

また、永代供養は遺骨の管理や供養を管理者に任せられます。
そのため、自分が亡くなったあとのお墓の心配をせずに済む点がメリットです。

お墓を承継すると、管理費用の支払いやお墓参り、お墓掃除などの手間がかかります。
少子高齢化が進み、出生率も低下している現在の日本では、承継者を探すのもひと苦労です。

今後は超少子高齢化になり、ますますお墓の承継がむずかしくなるでしょう。
今以上に永代供養を利用したいと考える人が増えるかもしれません。

永代供養についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

永代供養とは?わかりやすく解説します【メリット・デメリット・費用・種類など】

合祀墓をおすすめしたい人の特徴2.お墓にかけるお金がない人

手持ちの資金に余裕がない人は、合祀墓がおすすめです。

お墓を建てるには多額の費用がかかります。
墓石費用や墓地管理費などで、200万円近くかかる場合も珍しくありません。

合祀墓は5万円から申し込みができるため、お金に余裕がない人でも申し込みができます。

手持ちのお金が少ない場合の解決法は、こちらの記事で詳しく解説しています。

お墓を買うお金がないときの対処法4選!費用をおさえた供養方法を解説

合祀墓をおすすめしたい人の特徴3.カロートのスペースに余裕がない人

先祖代々のお墓を受け継いでいると、徐々にカロートのスペースがなくなってきます。
遺骨を埋葬するスペースには限りがあり、いずれは骨壺が入らなくなってしまいます。

そのような場合は、33回忌を迎えたご先祖様の遺骨を取り出し、合祀するのが一般的です。

合祀墓のトラブル防止策3選

合祀墓はメリットも多い反面、気を付けなければトラブルになってしまうこともあります。
中には取り返しがつかないこともあるため、事前にトラブル防止策を講じておきましょう。

トラブル防止策として有効なのは、下記の3つです。

・家族や親族に相談しておく
・合祀について理解する
・依頼する業者の信頼性を調べておく

合祀墓のトラブル防止策1.合祀墓の家族や親族に了解を得ておく得ておく

合祀墓を申し込みする前に、必ず家族や親族に話をして納得してもらいましょう。

合祀墓は一般的なお墓とは異なり、個別の墓標はありません。
従来のお墓の印象が強い人は、合祀墓に納得してくれない可能性があります。

さらに合祀墓を選択すると、遺骨はほかの人と混ぜて納骨されます。
そのため、あとから取り出すことはできません。

もし理解してもらわずに合祀を強行してしまうと、取り返しがつかなくなってしまうのです。

合祀墓のトラブル防止策2.合祀墓について理解する

費用を安くおさえたいがために、合祀墓を選択することは避けてください。

合祀墓のメリットはこちらです。

・お墓を持たなくてもよい
・費用が安い
・宗旨や宗派を問わない

しかし、デメリットとしては下記の内容が考えられます。

・遺骨の取り出しができない
・個人の墓標がない
・家族や親族の理解を得られないことがある

メリットとデメリットを照らし合わせたうえで、申し込みを検討するとよいでしょう。

合祀墓のメリットとデメリットについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

合祀墓とは?特徴やメリット・デメリット、永代供養との違いを解説

合祀墓のトラブル防止策3.依頼する業者の信頼性を調べておく

永代供養を取り扱っている業者は、すべて信頼できるわけではありません。
残念なことに、お墓に詳しくない人を狙った詐欺が発生しています。

はじめの見積もりの段階では安い金額を提示しておき、あとから高額な請求をする業者もいます。
事前に業者の情報を調べたり、現地に見学に行ったりするなどの対策を講じましょう。

まとめ

合祀墓をおすすめしたい人には、下記の特徴があります。

・永代供養を利用したい人
・お墓にかけるお金がない人
・カロートのスペースに余裕がない人

合祀墓の費用は5万円からと、ほかのお墓に比べて安くおさえられます。
しかし、合祀墓をめぐるトラブルは残念ながら発生しています。

事前にトラブル防止策を講じておくとよいでしょう。

福岡で永代供養を受けられる霊園をお探しなら油山平成御廟へ

油山平成御廟では永代供養制度を取り入れています。

一定期間、お客様のお墓を当霊園が責任をもって管理・供養をしたあと、墓石等を撤去させていただきます。
その後は『永遠の碑』に遺骨をうつし、永代にわたって供養させていただきます。

詳しくはこちらのページをご覧ください。
https://heiseigobyou.co.jp/eitai/

また、合同慰霊祭の様子はこちらから確認できます。https://heiseigobyou.co.jp/2016/09/30/post-0/

その他、多数の区画をご用意しております。

疑問点や質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。