コンテンツ – 油山平成御廟|福岡市の霊園・大型公園墓地
福岡大型公園墓地 平成御廟
お問い合せはお気軽にどうぞ 資料請求はこちらから

墓石の価格・値段の相場はどれくらい?石の種類やデザイン、文字(彫刻)により決まります

墓石の価格・値段の相場はどれくらい?石の種類やデザイン、文字(彫刻)により決まります

墓石の価格や値段が何によって決まるか、ご存知ですか?

地域やお墓の大きさなどによって違いはありますが、永代使用料を含めておおよそ100万~200万円位です。

ただ、御影石の選び方や凝ったデザインのお墓、又、特殊な彫刻、文字の数によって金額が高くなる事もあります。

墓石の価格・値段が決まる仕組みとは

墓石の金額は使用する石の種類によって大きく変わってきます。

現在の墓石は主に御影石が多く使用されており、使われる御影石の種類によって金額の違いが発生する

まず、御影石の産地の違いによる金額の差があり、外国産の御影石より国産の御影石の方が高額で取引されています。

又、御影石の色合いや個々の性質によっても差があり、例えば石の硬度や吸水率、色合いなどの違いで変わってきます。

それと墓石の加工の違い、特に複雑な型をしたデザイン墓などは加工賃やデザイン費が高額になるケースがあります。

お墓を建てる敷地の広さや条件により、永代使用料が変わり総額が高くなる事もあります。

後悔しない墓石の選び方とは?業者さんや石材店の決め方について

墓石は代々受け継いでいく大切なものなので、信頼出来る石材店を選ぶことが大事です。

霊園には指定石材店があり、その中でもその石材店が実際に建立したお墓を見せてもらい、出来映えや技術を確認するなどして選択することをお勧めします。

平成御廟で選べる墓石について

平成御廟で選べる墓石の種類とは

平成御廟ではご予算に合わせて墓石の種類を選ぶ事が可能です。

国産、外国産など様々な石種を取り揃えており現在は10種類程の中からお選び頂くことができます。

石種は御影石と言われるものが中心で色で言いますと、白系、黒系、赤系などがあり、又、同じ色の石種でも石の目(模様)の違いなどによっても分けられ個々に様々な特長を持っています。

お墓を建立される際は石見本を見て頂き、係りの者が石の特長をご説明差し上げます。

実際に選ばれた石種で建立されたお墓をご覧になって頂く事も出来ます。

お客様のご予算に合わせてご提案をさせて頂きます。

平成御廟で選べる墓石のデザインとは

平成御廟には1.2㎡の規格墓がありますが、これを除く全てのタイプについてはご予算に合わせてデザインが自由に選択できる、オーダーメイドシステムの霊園です。

お建てになる方の希望するデザインでお墓を建立する事も出来ます。

又、一般的な和型タイプや洋型タイプにおいてもそれぞれ数タイプのデザインがあります。

平成御廟には様々なデザインのお墓が建立されており現地にて実際に建立されたお墓をご覧になられ、今後の建墓のご参考にされる方も多くいらっしゃいます。

デザインによっては石の才数が増え金額が高くなることもありますので注意が必要です。

墓石の文字(彫刻)にも値段はかかりますか?

墓石に彫刻するものとしては、表文字、建立者名、家紋、戒名(法名)彫刻などが一般的です。

一部、お墓の金額に含まれている事もありますが、基本的には有料となる事が多い様です。

彫刻料は彫刻する文字数などにより金額が設定されており、複雑な絵柄などは別途料金が発生する可能性があります。

又、彫刻をした文字や家紋などにペイント(色)をつける際、金箔などを使用しますと別途料金が発生します。

実際にお墓を建立される場合はこの事も考慮し、ご予算を考えた方が良いでしょう。

石材店や霊園においても多少違ってくる事もありますのでそれぞれご確認する事をお勧めします。

墓石のお手入れはどうしていますか?お墓参りと同時にお墓のお掃除をしましょう

お墓参りは故人を偲ぶための大切な行いです。

そのお墓参りの前にはお墓をきれいに掃除し、墓石と自分自身の心を清めたいものです。

間違った方法でお掃除をしてしまうと墓石を傷めてしまう場合もありますので注意が必要です。

「墓石の手入れ」と「墓石周辺の手入れ」について

お墓の掃除には大きく分けて「墓石の手入れ」と「墓石周辺の手入れ」の2つの作業が必要です。

石碑はタオルやスポンジなどで水洗い

洗剤を使用するとシミや変色の原因となりますので注意が必要です。

目地や文字の細かい部分については、歯ブラシなどを利用すると便利です。

墓石の周辺では、雑草の除去・植木の剪定・玉砂利の水洗いなどが必要

霊園によっては有料でお墓の清掃を代行してくれる所もあります。

また最近では、そういった業者もありますので一度問い合わせてみると良いでしょう。

お墓の引越し・移転・改葬を行う際によくあるトラブル

お墓の引越し・移転・改葬を行う際に、公的な手続きがスムーズに進まない、費用・お布施に関して予定していた金額より高くついた、など様々なトラブルが発生する場合があります。

事前に知っていれば回避できる場合もありますので、よく調べておくとよいでしょう。

古いお墓の解体・処分におけるトラブル

不要な墓石が適切に処分されないケース

不要となった墓石は産業廃棄物として正しく処分されなければなりません。

しかし残念ながら近年は、悪質な業者による違法投棄が増えています。

ご先祖様の墓石が適切に廃棄されるよう、きちんと業者へ確認しておきましょう。

墓石の撤去処分費用が想定していた金額と異なるケース

また、墓石の撤去処分費用については、何社からか見積りを取り適正価格を知ることが大事です。

費用については、解体方法・運搬方法・移動距離などにより差が出るかと思いますが、最終的には信用できそうな業者を選ぶのがよいでしょう。

ただし霊園などでは、石材店が指定されている場合もありますので事前に確認が必要です。

撤去作業には現場に立ち会うのが理想ですが、難しい場合には作業写真を依頼するなどしてみましょう。

新しいお墓を建てる際のトラブル

お墓の形・石種・彫刻内容の違いや、石のシミ・傷の発覚があります

新しくお墓を建てる際に、あまりある事ではないですがトラブルが発生してしまう場合があります。

例えば、最初の打ち合わせと違うお墓の形で建てられてしまったり、違う石種で建てられてしまった等です。

他には石にシミやキズがあったり、彫刻内容が間違っていたりする事もまれではありますが発生している様です。

こういった事態を防ぐには、打ち合わせの際にしっかりと契約内容や、彫刻についての確認をする事が大事です。

又、完成し引き渡しを受ける時には、担当者と一緒に細かい部分まできちんと確認するようにしましょう。

あとから傷が出てくる場合もありますので、事前に保証内容を確認しておきましょう。

お布施や墓石などの費用にまつわるトラブル

お布施は様々な法要で必ず発生するものです。

状況や地域によって多少金額の違いがあります。

元々はお気持ちを包むものですが、少なくともひとつの法要に1~5万はあらかじめ用意をしておいたほうがよいでしょう

場合によっては、お寺や業者に聞いておくのもよいかもしれません。

又、墓石も選ぶ石種によって金額が変わります。

こちらも石種を選ぶ際、担当者に石の産地や特徴などを尋ね、しっかりと理解したうえで慎重に選ぶ事が大事です。

インターネットなどを利用し、ご自分で調べてみるのも良いでしょう。

納得が出来るまで打ち合わせをする事が、トラブルの発生を防ぐ事になります。

お墓の引越し・移転・改葬を行う際に知っておくべき基礎知識について

お墓の引越しとは、すでにお墓や納骨堂に納められた遺骨を別の場所に移すことです。

正式には「改葬」といい、公的な手続きが必要です。

遺骨と共に墓石も移転したい場合は、移転先の霊園・墓地が持ち込み可能か確認が必要です。

お墓のお引越しや移転、改葬を行う理由とは

遠方にお墓があり、お墓参りが困難なケース

お墓の引越しを行う理由としてよくあるのは、地方から都市部に移り住み生活基盤も都市部にある場合や、元々遠方にお墓がありお墓参りの際、時間がかかる、年を取って体力的にも移動が困難になったなどが考えられます。

お布施や寄付が高額で、別のお寺に移転したいケース

又、納骨堂にお骨を預けているが、度々高額の寄付やお布施を請求されたりし、今後のお寺との付き合いが不安になり、子供たちの負担にならないようにお寺との関係を解消したいなどの理由もあります。

跡継ぎが居なくなり、永代供養制度を利用するために移転するケース

尚、最近では跡継ぎがいないなどの理由で無縁になった場合でも、対応可能な永代供養制度が充実した霊園等に改葬するケースも増えています。

お墓のお引越し・移転・改葬を行う方法とは

お墓の移転先の決定」「改葬許可をもらう」「(場合によっては)受入証明書をもらう」の3点を行う

お墓の引越し、移転、改葬を行う場合は、先に移転先を決める必要があります。

移転先が決定してないと、改葬許可が出ません

移転先が決まると現在お墓がある場所を管轄している市町村役場に改葬許可申請書を提出し、許可を得ます。

その際、現在お骨を管理している管理者からも改葬許可申請書に必要事項を記入してもらわなければなりません。

その後、改葬許可申請書を市町村役場に提出して改葬許可証を発行してもらい、その後、移転先に提出します。

尚、役所によっては、移転先の受入証明書を提出しないといけない場合があります。

平成御廟でお墓のお引越し・移転・改葬を行う際の流れについて

お墓の引越しをする際、平成御廟では墓石を移転し持ち込むことはできません。

また改葬については、現在遺骨がある場所を管轄する市町村で改葬許可申請の手続きが必要となります。

手続きに関しては、ご本人様に行って頂きます。

詳細につきましては、お問い合わせより承っておりますので、お気軽にご連絡ください。

平成御廟でお墓の引越し・移転・改葬を行うと掛かる費用

平成御廟では墓石の持ち込みは受け付けておりません。

古い墓石については、現地で処分してもらうことになります。

お墓の処分には業者に支払う撤去処分費用と、抜魂供養などのお布施についても必要な場合があります。

古いお墓の解体・処分費用

古いお墓の解体・処分費用は、現地の石材店にお願いした際にお墓の広さ・墓石の大きさ・立地条件で決まります

地域によっては、平成御廟から石材店を紹介し派遣することもできますが、出張費・運搬費などを考えると近場の石材店をお勧めします。

解体費用についてはお墓の広さ・墓石の大きさ・立地条件等の他に産業廃棄物処理費も必要になりますので、注意が必要です。

まずは何件かの業者に見積りを依頼し、比較検討すると良いでしょう。

しかし、霊園やお寺では指定石材店が決められている場合もありますので、事前に確認が必要です。

費用は少しでも抑えたいものですが、安心して任せられる石材店を見つけることが大切です。

平成御廟の霊園へお納め頂く永代使用料・護持金

平成御廟に墓地を購入するには、最初に永代使用料と護持金が必要となります

永代使用料はお墓の広さ・向きによって決められています。

また角地などの条件によって変わる場合もあります。

費用については購入時に一括でお振り込みして頂くか、ローンでのお支払いとなります。(※ローンの場合は提携しているローン会社の審査が必要です。)

護持金もお墓の広さによって決められています。

こちらは年払いとなり、ご指定の口座から毎年お引き落としをさせて頂きますので、まとめてお支払い頂くことはできません。

護持金のお引き落としは、お墓の名義人様以外にも配偶者やお子様を指定することも可能です。

閉眼法要と開眼法要でお納め頂くお布施

平成御廟では在来仏教(天台宗・真言宗・浄土宗・浄土真宗・曹洞宗・日蓮宗)のご住職と、神主様の手配ができます。

お布施の金額は閉願法要・開眼法要いずれの場合も30,000円となります

開眼法要と同時に納骨法要などを行われる場合は、お布施の金額が変わります。

別途、お車代として3,000円を頂戴しております。

お客様自身でご住職の手配をされる場合は、この限りではありません

平成御廟にお墓を建てる際に必要な墓石費用

平成御廟においてお墓を建てて頂く場合、まず規格墓か自由墓かのどちらかを選んで頂きます。

自由墓であれば石の種類や形をお選び頂くことができます。

敷地の広さや希望されるお墓の形、石の種類によって金額が決まりますので、ご予算に合わせてお選び下さい。

具体的な金額はおおよその彫刻代も含め、墓石代が80万円位から200万円位が多く、この金額に消費税、永代使用料、護持金等を合わせると、総額で120万から300万位のお墓が多く建っております。

平成御廟でお墓の引越し・移転・改葬を行う際の手続きと改葬許可証について

現在お墓がある場所を管轄する市町村役場にて、改葬許可申請書をもらい必要事項を記入します。

その際、現在お骨を管理している管理者より署名・捺印をもらう必要があり、その書類を再び役所に提出し改葬許可証を発行してもらう必要があります。

お墓のお引越し・移転・改装を行うには改葬許可証が必要

墓地・霊園・納骨堂などに埋葬されている遺骨を他の墓地などに移すことを「改葬」といいます。

改葬するためには、現在遺骨が埋葬されている場所を管轄する市町村役場で許可を受けなければいけません

この許可をもらうための申請書を「改葬許可申請書」といいます。

改葬許可申請書は各市町村によって様式が異なりますので注意が必要です。

改葬許可申請には、現在遺骨が埋葬されている場所の管理者に埋葬の事実を証明してもらい、その後に現在遺骨がある市町村で改葬許可申請を行うことになります。

交付を受けた「改葬許可証」を改葬先の墓地に提出すれば納骨ができるようになります。