お墓の主な構成と付属品について – 油山平成御廟|福岡市の霊園・大型公園墓地
福岡大型公園墓地 平成御廟
お問い合せはお気軽にどうぞ 資料請求はこちらから

お墓の主な構成と付属品について

お墓は主に外柵、石碑、納骨室(カロート)の3つで構成されています。その他の付属品として水鉢、花立、香炉、墓誌、灯籠などがありますので、墓所の広さやご予算に応じて選ぶと良いでしょう。

1.外柵

墓域は仏国土(浄土)であるとした考えから外柵を廻らせたのが始まりです。外柵の造り方は地域や各霊園によって様々な様式があります。

2.石碑

大きく分けて和型と洋型の2種類があります。和型は中国の位牌型のものが起源とされており、江戸時代後期から主流になったとされています。また加工機械の発達がそれに拍車をかけています。洋型は明治維新以降に外国人が多く滞在するようになってから造られたものです。公園墓地の開設に伴いその数も増えてきました。掃除がしやすく地震にも強いという点も支持される要因でしょう。

3.納骨室(カロート)

納骨室は墓地の中で、もっとも大切な場所です。材質は御影石やコンクリートが一般的です。形状は墓地の広さや形によって変わってきます。現在では地面より上に設置する地上式や半地下式が多く遺骨を納める場所としての意味と同時に、その上の石碑を支える基礎としての構造的な役割も果たしています。

4.水鉢・花立

一体型と独立型の2種類があります。現在では水鉢の前面に家紋を彫刻することが多いです。花立には花筒がついており、ステンレス製やプラスチック製があります。

5.香炉

お線香に火をつけてお供えする物で様々な型があります。最近ではお線香を横に寝かせて置くタイプも多くあります。

6.墓誌

故人の戒名・俗名・没年月日・没年齢などを彫刻するため、石碑の横に設置されるものです。宗教や宗派によっても違いがあります。

7.灯籠

灯籠は元々、宗教的なものとして生まれてきたもので、故人の供養や邪気を払うという意味合いもあります。丸型と角型があり墓所の入口に一対で設置するのが一般的です。

お墓について知る

お墓の管理

現在のお墓はそのほとんどが御影石で出来ており、磨き上げられた状態で建立されています。以前のようにコケが付くことも少なくなりましたが、それでも定期的なお手入れは必要です。
詳細を見る>>

お墓の構成

お墓は主に外柵、石碑、納骨室(カロート)の3つで構成されています。 その他の付属品として水鉢、花立、香炉、墓誌、灯籠などがありますので、墓所の広さやご予算に応 じて選ぶと良いでしょう。
詳細を見る>>

お墓の施工

契約からお墓が完成するまで2ヶ月~3ヶ月の期間が必要となります。石の発注や彫刻作業などが ありますので余裕を持って発注したいものです。もしもの時に慌てて発注しても、四十九日や百ケ日に間に合わないことも考えられ、そのため現在では寿陵墓を検討する方も増えてきています。
詳細を見る>>

お墓の費用

墓地を購入すると言いますが、購入するのは墓所の使用権であり所有権ではありません。墓地の場合の使用権は永代使用権といい永代使用料を納めると原則的に永代にわたって使用する権利を得ることができます。民間墓地の他に公営墓地や寺院墓地がありますが、それぞれに仕組みが違うので事前によく調べておくことが大事です。
詳細を見る>>

墓石の種類

現在の墓石に使われる石材は花崗岩が主流となっています。御影石というのは花崗岩の俗称で、兵庫県の御影地方が花崗岩の産地として有名だったことから、こう呼ばれるようになりました。この地方から出る御影石は「本御影」と呼ばれ、御影石の中でも最高級品とされていますが、現在ではほんのわずかしか産出されません。このため安定して供給できる中国産が多く、インド・スウェーデンなどからも輸入されています。
詳細を見る>>

墓石の彫刻

墓石に刻む文字については時代と共に変化してきています。平安時代は経文や梵字彫刻に限られていましたが、戦国時代に武士階級が戒名や法名を彫刻するようになりました。江戸時代に庶民がお墓を建てるようになると戒名を正面に刻んだお墓が出てきました。 現在最も多く見られる、〇〇家之墓などとする習慣は明治以降になって始まったと言われております。

詳細を見る>>

墓石の加工

石材は国内外の採石場から採石され、加工場で石碑用・外柵用など用途に応じて切断されます。切断後はダイヤモンドの砥石で丹念に磨かれます。
詳細を見る>>