墓石に使われる石材の種類について – 油山平成御廟|福岡市の霊園・大型公園墓地
福岡大型公園墓地 平成御廟
お問い合せはお気軽にどうぞ 資料請求はこちらから

墓石に使われる石材の種類について

現在の墓石に使われる石材は花崗岩が主流となっています。御影石というのは花崗岩の俗称で、兵庫県の御影地方が花崗岩の産地として有名だったことから、こう呼ばれるようになりました。この地方から出る御影石は「本御影」と呼ばれ、御影石の中でも最高級品とされていますが、現在ではほんのわずかしか産出されません。このため安定して供給できる中国産が多く、インド・スウェーデンなどからも輸入されています。

1.お墓に使用される石

・花崗岩 ~ 地下の深いところで高圧を受けてゆっくり冷却したもので、大規模な塊になっていて結晶で形成された火成岩。 ・安山岩 ~ マグマが地表に噴き出して急に冷えて固まったもので十分に結晶していません。 ・凝灰岩 ~ 堆積岩の一種で噴火の時に細かく砕けた石が、地表や水の中に積り重なって長い年月かかって固まったものです

2.油山平成御廟 取り扱い石種

・紅麗(コウレイ)= 淡いピンクの石目が綺麗な白系石。外柵材として多く用いられます。 ・白麗(ハクレイ)= 代表的な中国産白御影。 ・新天光(シンテンコウ)= 石目が細かく色調も落ち着いた白系で人気の高い石です。 ・桃山(モモヤマ)= 鮮やかな桜色で女性に人気が高い。洋型石碑に多く用いられます。 ・紫光(シコウ)= 黒系で細やかな石目。落ち着きのある印象を与えます。 ・西嶺(サイリョウ)= 中国天山石とも呼ばれ、国産天山石の代用として使用される。 ・天山(テンザン)= 佐賀県で採掘される国産石。吸水率が低く経年変化が少ない。 ・黒御影(クロミカゲ)= インド黒と呼ばれる代表的な黒石。吸水率が低い。YKD。 ・赤御影(アカミカゲ)= 世界で最も赤い色をしたインド産。ニューインペリアル。 ・青御影(アオミカゲ)= 国産の青色御影石で高価。

お墓について知る

お墓の管理

現在のお墓はそのほとんどが御影石で出来ており、磨き上げられた状態で建立されています。以前のようにコケが付くことも少なくなりましたが、それでも定期的なお手入れは必要です。
詳細を見る>>

お墓の構成

お墓は主に外柵、石碑、納骨室(カロート)の3つで構成されています。 その他の付属品として水鉢、花立、香炉、墓誌、灯籠などがありますので、墓所の広さやご予算に応 じて選ぶと良いでしょう。
詳細を見る>>

お墓の施工

契約からお墓が完成するまで2ヶ月~3ヶ月の期間が必要となります。石の発注や彫刻作業などが ありますので余裕を持って発注したいものです。もしもの時に慌てて発注しても、四十九日や百ケ日に間に合わないことも考えられ、そのため現在では寿陵墓を検討する方も増えてきています。
詳細を見る>>

お墓の費用

墓地を購入すると言いますが、購入するのは墓所の使用権であり所有権ではありません。墓地の場合の使用権は永代使用権といい永代使用料を納めると原則的に永代にわたって使用する権利を得ることができます。民間墓地の他に公営墓地や寺院墓地がありますが、それぞれに仕組みが違うので事前によく調べておくことが大事です。
詳細を見る>>

墓石の種類

現在の墓石に使われる石材は花崗岩が主流となっています。御影石というのは花崗岩の俗称で、兵庫県の御影地方が花崗岩の産地として有名だったことから、こう呼ばれるようになりました。この地方から出る御影石は「本御影」と呼ばれ、御影石の中でも最高級品とされていますが、現在ではほんのわずかしか産出されません。このため安定して供給できる中国産が多く、インド・スウェーデンなどからも輸入されています。
詳細を見る>>

墓石の彫刻

墓石に刻む文字については時代と共に変化してきています。平安時代は経文や梵字彫刻に限られていましたが、戦国時代に武士階級が戒名や法名を彫刻するようになりました。江戸時代に庶民がお墓を建てるようになると戒名を正面に刻んだお墓が出てきました。 現在最も多く見られる、〇〇家之墓などとする習慣は明治以降になって始まったと言われております。

詳細を見る>>

墓石の加工

石材は国内外の採石場から採石され、加工場で石碑用・外柵用など用途に応じて切断されます。切断後はダイヤモンドの砥石で丹念に磨かれます。
詳細を見る>>