永代供養のお墓は6種類。それぞれのメリット・デメリットは?

永代供養とは霊園や寺院が遺族のかわりに遺骨の管理や供養を行うことです。

永代供養のお墓を選べばお墓を継承する必要がなかったり、無縁仏になる心配がなかったりとメリットが多くあります。

 

そのため、お墓選びのときに永代供養墓にしようか、検討されている方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、永代供養墓は種類が多く、どのようなタイプのお墓にすればよいのか迷ってしまいますよね。

 

この記事では永代供養墓の種類について紹介します。

 

・永代供養墓にはどのようなものがあるのか知りたい

・永代供養墓のメリットとデメリットを知りたい

 

方に役立つ情報をまとめましたので、参考にしてください。

 

永代供養のお墓は大きく分けて6種類

 

永代供養のお墓は大きく分けると、

 

・個別安置墓

・集合安置墓

・合葬・合祀

・永代供養付きの一般墓

・樹木葬

・納骨堂

 

の6種類です。

 

永代供養墓の考え方としては、納骨方法により分けられます。

 

・集合型:ほかの方と同じお墓に埋葬されるタイプ

・個別型:個人で埋葬されるタイプ

 

の2種類に区別されるのが一般的です。

 

この分類に当てはめると、

 

・集合型:集合安置墓、合葬・合祀、樹木葬

・個別型:個別安置墓、永代供養付きの一般墓、樹木葬、納骨堂

 

と分けられます。

 

それぞれ見ていきましょう。

 

個別安置墓

 

個別安置墓とは区画されたスペースに遺骨を安置するお墓のことです。

個人でお供えやお参りができます。

 

個別安置墓のメリット

 

遺骨をほかの方と一緒にされないため、途中で取り出したいときも対応可能です。

また、個別のスペースがあるので、故人やご先祖様と対面している感覚があります。

 

一般墓を購入する予定はないが、個別のスペースでお供えがしたい方や、一定期間だけ個別で遺骨を安置したい方におすすめです。

 

個別安置墓のデメリット

 

17回忌や33回忌など個別で安置される期間が決まっています。

一定期間が過ぎたあとは合葬や合祀されるため、永久に個人のスペースを使えるわけではありません。

 

また、合葬や合祀よりも費用が割高になる傾向があります。

 

集合安置墓

 

集合安置墓とは遺骨をほかの方と一緒に安置します。

しかし、骨壺のままおさめるので、遺骨がほかの方と混ざってしまう心配はありません。

 

集合安置墓のメリット

 

合葬や合祀よりも費用が高くなりますが、骨壺のままおさめるのであとから取り出せます。

永代供養を利用したいけど、ほかの方と遺骨を混ぜられたくないと考える方におすすめです。

 

また、個別安置墓よりも費用をおさえられる点もメリットといえます。

 

集合安置墓のデメリット

 

個別安置墓と同じく、期限が決められている場合があります。

期限が切れたあとは合葬や合祀されるため、遺骨をまとめられたくないと考える方には不向きです。

 

また、個別の墓石がないので、故人やご先祖様に会いにきた感覚がないと感じる方もいます。

 

合葬・合祀

 

合葬・合祀とは遺骨を骨壺から取り出して、ほかの方と一緒におさめます。

共同墓とも呼ばれており、永代供養墓の基本的な形です。

 

合葬・合祀のメリット

 

ほかの永代供養墓と比べて、費用がもっとも安いです。

5万円から納骨できる場合もあるので、利用しやすいでしょう。

 

お墓の管理を霊園や寺院に任せられるので、家族の負担も軽くなります。

また、身寄りのない方や独身の方も同じお墓に入るため、寂しさを感じにくいです。

 

合葬・合祀のデメリット

 

遺骨をほかの方と混ぜてしまうため、あとから取り出すことはできません。

遺骨を改葬したくてもかなわない場合がほとんどです。

 

また、親族や家族が合葬や合祀をよしとしない場合もあります。

特にご高齢の方のお墓のイメージは、墓石を建てる従来の一般墓です。

 

合葬や合祀を選択するときは、家族や親族と相談してから決めるとトラブル防止につながります。

 

永代供養付きの一般墓

 

見た目は一般的なお墓と同じです。

お墓の継承者がいなくなってから一定期間後に、永代供養墓に遺骨が移されます。

 

永代供養付きの一般墓のメリット

 

従来のお墓と同じようにお墓参りができるので、親族や家族の同意が得られやすいです。

遺骨はほかの方とすぐには一緒にならないため、故人やご先祖様に会いにきた感覚をもちやすいでしょう。

 

もしお墓を継ぐ方が亡くなったとしても、霊園や寺院などの管理者が遺骨を改葬してくれるので、無縁仏になる心配もありません。

 

永代供養付きの一般墓のデメリット

 

永代供養墓の中ではもっとも費用が高くなります。

 

一般のお墓を買うため、費用はおよそ70万円以上かかると考えておいた方がよいでしょう。

費用を安くおさえられる合葬・合祀は5万円からなので、金銭面で負担がかかります。

 

樹木葬

 

樹木葬は墓石代わりに樹木を用いたお墓です。

近年注目されている供養方法のひとつであり、環境にも優しいことから選ぶ方が増えています。

 

樹木葬には個別タイプと合葬タイプの2種類があります。

ほかの方と一緒に遺骨をおさめたくない方は個別タイプ、できるだけ費用をおさえたい方は合葬タイプを選ぶとよいでしょう。

 

樹木葬のメリット

 

樹木葬は亡くなったあと、自然に還りたいと考える方の要望に応えられる埋葬方法です。

里山型の樹木葬は遺骨を土中に埋葬する場合が多いので、ゆっくりと自然の中に還っていきます。

 

また、自然が多い場所を立地に選ぶため、静かな場所で眠りたい方にもおすすめです。

 

樹木葬のデメリット

 

山の奥にある樹木葬は交通アクセスがよくないため、車がないと行きにくい場合があります。

また、天候によっては地面がぬかるんでしまい、歩きにくい状況になってしまうかもしれません。

 

自家用車がなくてもお墓参りに行けるのか、年齢を重ねても通える場所にあるのかなどを考えた上で、どの場所に埋葬するのかを決めるとよいでしょう。

 

納骨堂

 

永代供養墓の屋内型は一般的には納骨堂をさします。

納骨堂は屋内にあるスペースに遺骨をおさめる供養の方法です。

 

納骨堂にはロッカー式や仏壇式、自動搬送式などがあります。

 

納骨堂のメリット

 

納骨堂は屋内にあるので、天候に左右されずにお墓参りができます。

また、通いやすい場所にある場合が多いため、自家用車やバス、徒歩など交通手段の選択肢が多いです。

 

個別でお墓参りできるスペースが設けられている場所もあり、従来のお墓と同じような感覚でお墓参りしたい方に向いています。

 

納骨堂のデメリット

 

個別の納骨堂では、永代供養費以外にも年間管理費がかかる場合が多いです。

年間管理費をおさえたい方は、合同の納骨堂を選ぶとよいでしょう。

 

まとめ

 

永代供養墓は大きく分けて

 

・個別安置墓

・集合安置墓

・合葬・合祀

・永代供養付きの一般墓

・樹木葬

・納骨堂

 

の6種類あります。

 

永代供養墓にはそれぞれの特徴があるため、ご自身にあった埋葬方法を選ぶといいでしょう。

 

永代供養は一般墓と比べて、まだ歴史が浅いです。

ご高齢の方や従来のお墓しか知らない方などは、永代供養について理解を示しづらいかもしれません。

 

しかし、時代の流れとともにお墓の形も変わってきました。

少子高齢化が進む現代では、永代供養墓を利用する方が増えていくかもしれません。

 

親族や家族と相談した上で、どのようなお墓を選ぶのか判断するとよいのではないでしょうか。